フロントエンドにいかにこだわるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

From:江黒 亮介

 

あなたはフロントエンドの重要性をどう考えていますか?

 

フロントエンドは、集客用の商品です。

 

化粧品で例えるなら、

サンプル品のようなものですね。

 

サンプル品だから

それなりのものでいい。

 

そんな考えの人もいます。

 

ですが、

これからの時代は

集客コストもどんどん上昇していくため、

リピートするビジネスでないと

生き残れない。

 

そんな時代になってきています。

その時に、

フロントエンドがイマイチな商品だったり、

バックエンドの切りはりしたような商品であった場合は、

そのお客さんは二度とあなたの

バックエンド商品を購入することはありません。

 

しかもバックエンド商品を

一度買ってもらうだけでは

ビジネスが本当に安定したとは言えません。

 

そのあと、

さらに継続する商品を買ってもらう。

 

本当の安定を得るためにはその仕組みが必要です。

 

ですが、

それが出来なくなります。

 

結果的にLTV(生涯顧客価値)が下がり、

ビジネスが立ち行かなくなります。

 

ですから、

フロントエンドには最大限の

力を注ぐべきなのです。

 

こんなことを言うと、

「フロントエンドに力を注いでしまったら、

その後に出すネタがなくなる」

 

そんなことを言う人がいます。

 

もしもそうなら、

あなたはまだそのビジネスの専門家

ではないかもしれません。

 

たとえ、全力で一つの商品を作ったとしても、

全てをそこに含めることは至難の技です。

 

たとえ、そこに全てを出したとしても、

個人の理解には差が出ます。

 

お客が望むものや、

フロントエンド商品を

購入した後に生じる悩みなどを知れば、

 

次のバックエンド商品や

継続商品のアイデアは自然に出てきます。

 

むしろビジネスは

そういう風に組み立てるべきです。

 

言い方を変えると

リサーチという言葉に置き換えることも出来ます。

 

これが無意識に出来るようになれば、

あなたはいろんなところからビジネスを

組み立てられるようになります。

 

ですから、安心して

フロントエンドに最大限の力を

注いでください。

 

相手の望んできる領域より高い

サービスを提供できれば、

あなたの信頼は一気に増していきます。

 

そして、

先生という立場になれるのです。

 

先生という立場になると

すごくいいことが起きます。

 

モノを買う時に、

あなたは何を指標に買うでしょうか?

 

もし何かの商品を、

あなたが信頼する専門家から勧められたら、

無条件で信頼して

その商品を買ってしまうのではないでしょうか?

 

先生という立場になると、

このようなことが起きます。

 

先生という立場は、

あなたの言うことを聞くとすごく

いいことが起きる。

 

そう感じさせることで、

先生という立場をとれるようになります。

 

そうすれば、

その後のあなたの商品を全て買ってくれる。

そんな関係になっていけるのです。

 

ですから、

その最初の入り口である、

フロントエンド商品には全力を

注ぐのです。

 

お試し利用とかでもいいと思います。

 

少し考えてみてください。

その後の関係を良くするための

フロントエンドは何かということを。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

集客に困らないビジネスモデル構築法:無料メルマガ講座

年収2000万超え、1日の働く時間を3時間以内で経営する社長になりたいあなたへ

 

利益がでる集客ビジネス構築メルマガ


 

【無料会員登録で得られるもの】

✅利益がでる集客ビジネスモデル構築メルマガ:無料メール講座

✅会員だけが見られる限定メルマガ

✅動画セミナープレゼント!

【集客に困らないビジネスモデル構築法基礎セミナー】

  「びっくりするほど見込み客が集まる集客のルール」

 

ご登録は簡単です。

下記のボタンをクリックしてメールアドレスをご登録ください。

(会員登録もやめたい時も、メールに書いてある解除リンクをクリックするだけで簡単にやめることができます。)

 


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*