集中力を維持する昼寝のススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

From:江黒 亮介

 

あなたは昼寝をしていますか?

 

突然聞かれて驚いたかもしれませんね^^

 

実は集中力高く仕事を続けるためには

昼寝が有効だということを知っていますか?

僕の先生の一人は

毎日実践しているといいます。

 

かくいう僕は、

最近はなかなか

実践できていないのも現実です。

 

とはいえ、

今日は集中力がない!

という時には実施するように

しています。

 

そんな昼寝の効用について

お話ししていきたいと思います。

 

ヒトの集中力は続かない!

 

ヒトの集中力って

続かないものだということを

知っていますか?

 

例えば、

携帯の着信音が鳴ったり、

メール通知が来たり、

 

そんなきっかけで脆くも

集中力が途切れます。

 

しかも驚くべきことに

その後に集中力が戻るまでに

20分もの時間を必要とするのです。

 

ですから、よくマルチタスクが

もてはやされますが、

 

人間の集中力という観点から言うと

実はマルチタスクは

褒められたものではありません。

 

大切な作業を

脇見運転しながらこなしているような

状況です。

 

そんな状況でいい仕事や

クリエイティブな作業をすることは

難しいです。

 

よく社長や管理職になると、

絶え間なく、

顧客対応や、スタッフからの質問や

報告などを受け続けることになりやすいです。

 

ですが、

集中力をもって会社を前進させたいときに

その状況はマイナスになってしまいます。

 

マネジメントをしっかりしようと

思うがあまり、

実は会社を傾ける自体を起こしやすいのです。

 

僕自身も起業してすぐに5人の職員を

雇用しましたから、

見に染みて感じたことでもあります。

 

また、

小さな会社の社長の多くが

そのマネジメントの壁にぶち当たっている

姿を見かけます。

 

ちょっと話は脱線しましたが、

集中力を高い状態で保つということは、

自分の仕事をクリエイティブに進めるためにも、

会社をいい方向に前進させるためにも

大切なことになります。

 

集中力は朝からずっと下がり続ける

 

集中力は朝起床した後から

どんどん減少していきます。

 

ウソ!

と思うかもしれませんが、

集中力を研究すると

そういう結論になるそうです。

 

では時間が経つごとに減少する

集中力を保つためには

どうしたらいいのでしょうか?

 

まずは先ほどのように

集中を途切れさせないことが大切です。

 

とはいえずっと集中力を保つことは

できませんよね。

 

ですから、

50分に1度くらい休憩を挟むといいでしょう。

 

そしてそこからまた作業に入る。

そういうペースが理想的です。

 

そして、朝から集中力は低下していきますが、

その集中力を少し取り戻せる方法があります。

 

それが、お昼寝をするということです。

 

1日集中力の高い状態を保つためのお昼寝の科学

 

とある研究によると、

10分〜20分の睡眠は、

集中力と記憶力を改善するという結果が出ています。

 

このようにお昼寝をすることで、

低下した集中力を

取り戻すことができます。

 

結果として、

1日のパフォーマンスを

高く保つことができるようになります。

 

さらに付け加えると

認知症の発生率も下がるといいます。

 

勤務の状況によって難しいケースも

あるかと思いますが、

お昼寝を取れるときには積極的に

とるようにしてくださいね!

 

ビジネスは発想力

 

ビジネスを加速させるものは何か?

それは、ノウハウでもなく、人脈でもありません。

 

僕は発想力だと思っています。

今目の前にあるものの中からヒントを得て

ビジネスを作り上げる。

 

そういうものです。

 

例えば、目の前のお客さんと話をしていて、

ビジネスや商品を思いつくとか。

 

そういった類のものですね。

 

ですから、日頃から集中力を保つための

意識を保つといいと思います。

 

集中する時間と人と会う時間を分ける

 

集中力は簡単に崩れてしまうこと。

お昼寝で集中力を少し取り戻せることが

わかりました。

 

そしてビジネスは発想力が大切ということも

ご理解いただけたと思います。

 

では集中力と発想力を保ちながら

ヒトとコミュニケーションを取るための

仕事術があるのかどうか。

 

そこについて書いていきたいと思います。

 

一番効果的な方法としては、

午前中はヒトと会わない。

もしくはヒトと会わない時間を決めること。

 

これが一番の方法だと思っています。

 

ヒトに会うとなんの気もなしに

声かをかけられたりします。

 

その度にあなたの集中力は

ゼロから高めなければいけません。

 

ものすごい損失ですね!

 

ヒトと会わない時間を決めて

その間にクリエイティブな作業をする。

 

そして少し集中力が落ちた午後に

ヒトと会えばいいのです。

 

ヒトと話すことで生まれる集中状態も

あります。

 

それはクリエイティブな作業とは別の

集中状態です。

 

それを利用して午後の集中力が

低下しやすい時間を有効に使うのです。

 

時間は命

 

時間は命そのものです。

そしてその時間を有効に使う。

 

可能な限り集中した状態で

過ごす工夫をする。

 

昔から変わらない仕事術の基本ですね。

 

ですが、現在はその集中力を妨げるものが

たくさん出てきています。

 

携帯電話、SNSなどなど・・・

 

ぜひあなたの集中力をフルに活かす

取り組みをしてくださいね!

 

ですから、

社長が会社に行ってはいけないのです。

 

だって集中できませんから^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

集客に困らないビジネスモデル構築法:無料メルマガ講座

年収2000万超え、1日の働く時間を3時間以内で経営する社長になりたいあなたへ

 

利益がでる集客ビジネス構築メルマガ


 

【無料会員登録で得られるもの】

✅利益がでる集客ビジネスモデル構築メルマガ:無料メール講座

✅会員だけが見られる限定メルマガ

✅動画セミナープレゼント!

【集客に困らないビジネスモデル構築法基礎セミナー】

  「びっくりするほど見込み客が集まる集客のルール」

 

ご登録は簡単です。

下記のボタンをクリックしてメールアドレスをご登録ください。

(会員登録もやめたい時も、メールに書いてある解除リンクをクリックするだけで簡単にやめることができます。)

 


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*