メルマガの書き方に悩んでいるあなたを救う3つのマインドセットと実際の書き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メール

 

From:江黒 亮介

あなたはメルマガの書き方に悩んでいませんか?

時間がかかって仕方ない。

そんな思いをすることがあるかもしれません。

 

ここではその悩みを解決する簡単な方法をご案内していきます。

メルマガの書き方を身につける3つのマインドセット

 

メルマガの書き方を学ぶときに、抑えておくべき3つのマインドセットがあります。

1、とにかく書く

2、内容にこだわらない

3、型をしる

この3点さえ抑えれば、あなたは簡単にメルマガの書き方を身につけられます。

 

では早速学んでいきましょう!

 

1、とにかく書く

 

メルマガを書くとき、一番困るのが書く手が止まることではないでしょうか?

「何を書いたらいいんだろうか?」

「そもそも何を書いたらいいのかわからない!」

 

そんなことを思うかたが多いようです。

この気持ちよくわかります。

 

ついこの間までの僕がそうでしたから。

でも今はメルマガを書くことにあまり苦労は感じていません。

 

いま自分が書いているのはこのメルマガ含めて、

3つ稼働しています。

代筆が一つ加わるので、計4つになりそうです。

 

それぞれ不定期にやっています。

しかもちょっとした隙間のときに。

それぞれ属性に合わせてみたり、

共通で遅れそうなときは、同じ文章にしてみたり。

 

よくライターさんとかがやる方法があります。

とにかく見ないでかけ!

見ると修正したくなるから。

だそうです。

 

これ、やって見ると結構いいです。

とはいえ僕はちょっとは見ます。

でもなるべく修正は後からする。

 

試してみてください。

意外と効果ありますよ^^

 

2、内容にこだわらない

これが一番乗り切れない壁です。

今でも調子が悪いときは、この病にかかっています。

 

先だってお世話になっている起業家に、こんなメールを送りました。

 

====================================================

僕がよく陥るマインドブロックは、かっこよく書こうとすることです。

そうすると、ライティングが止まる。

そしてだんだん面倒くさくなる。

そして書かなくなる。

 

なので諦め半分で勢いで書いています。

そうするとなんとなく書けるみたいです。

======================================================

 

これくらい諦めが入っていた方がいいかもしれません。

いいことを書こうとしてしまって結果的に何もかけなくなる。

 

でも情報発信することを考えたときに、

完璧なものは難しいです。

 

伝えたいことも100%は絶対伝えることができません。

だから繰り返し発信するのです。

 

諦めずに発信する。

これが大切です。

 

この「内容にこだわらない」。

意外と忘れられてしまうこのマインドセット。

ライティングが止まったら思い出してみてくださいね^^

 

「内容にこだわらないという理屈はわかった!でも何を書いていいかそもそもわからない!」

 

というお声が聞こえてきましたね^^

 

そう、これも僕自身が経験する現象です。

これを突き破る3つの魔法の言葉があります。

1、みんな僕の日常に興味を持ってくれている

2、みんな僕の価値観に興味を持ってくれている

3、みんなお役立ちコンテンツを必要としていない

 

ある意味すごいでしょ。

ちまたのメルマガ教材の反対いってますね(笑)

でもこれでいいのです。

 

あなたの価値観に合わない人はこれで去っていきます。

あなたにクレームを言うこともなく、自然にいなくなる。

そして日常に興味を持ってもらえたら、あなたのファンが出来上がります。

 

あなたと相性のいい方とのコミュニケーションを深めましょう。

 

メルマガの本質に戻るといいんだ。

と最近とくに思います。

 

メールやメルマガはコミュニケーションツールなのです。

 

その本質に帰りましょう。

 

なぜそんなことを言うのか?

よくSNSでの集客が最近の流行りになってきました。

これも実はフォロワーとのコミュニケーションから集客が生じるのです。

 

売りっ気たっぷりのセールストークやコンテンツではないのです。

だからビジネスは面白い。

 

本質はヒトとヒトとの対話なのですから。

 

少しまとめていきますね。

 

「内容にこだわらない」

このマインドセットを得ることで、あなたのライティングの重さを取り除きます。

まずは書くことから全てが始まります。

 

それでもアイデアが出ない時はこの魔法の言葉を思い出してください。

1、みんな僕の日常に興味を持ってくれている

2、みんな僕の価値観に興味を持ってくれている

3、みんなお役立ちコンテンツを必要としていない

 

日記でもいいじゃないですか。

 

日記でもいい。

そこから全てが始まる。

それが実はメールのテンプレートになることを、

次の項であなたは実感するでしょう。

 

ではこのマインドセットと魔法の言葉を胸に次の項目に進みましょう!

 

型を知る

 

最後はメルマガの型を知りましょう。

 

よく「守・破・離」と言います。

初めは型をしっかり学ぶ。疑問があってもとにかく受け入れる。

そして次に少しずつ応用していく。

そして自分の型に落とし込んでいく。

 

このようなプロセスを辿ります。

 

メルマガの「守」は一体なんでしょうか?

 

それはテンプレートに落とし込むことです。

ここでは一つ例をあげていきたいと思います。

 

先ほど、日記でいいのです。

と申し上げましたね。

 

では日記からはじめましょう。

 

例えばこんな出だしはいかがでしょう・・・

==========================================

今日はちょっと起床時間が遅くなり、慌てて駅に向かいました。

混雑する駅の構内で、僕は驚きの光景を見ました。

===========================================

 

ちょっと読みたくなったんじゃないですか??

 

そしてさらに続けます。

===========================================

混雑しながらも、整然と並ぶ人の姿。

普段見ていたはずなのに、今日はそれが特別なものに見えました。

そして車内に誘導する駅員さん。

===========================================

 

その日常の会話から自分の考えに話題を変えていきます。

===========================================

そんな風景を見ていて、僕はハッと先日の出来事を思い出しました。

先日僕はとある会社に出向いた。

そこではいい意味で自由なのだが、なんだか全体にルーズな感じがした。

なんとも言えぬ違和感を覚えた。

今日のホームの光景をみて、僕はスマートな文化が

好きなんだと言うことに気がついた。

ここで言うスマートとは、無駄がなく滞りがないことを言います。

 

ではなぜそのような文化が好ましいのだろう

それは・・・・

============================================

 

と言うように自分の考えや学んだことにつなげていくのです。

この順番で書くだけで、メルマガの一つの形になります。

なんとなくイメージできましたか?

 

まとめると

まずはストーリー(日記)を書きます。

そして途中で会話を切り替えます。

最後に日記であった出来事から自分の考えや価値観につなげていきます。

 

このときにコンテンツは意識しないで大丈夫です。

あなたの価値観自体がコンテンツですから^^

 

先ほどの仮の思いつきストーリーにも何のコンテンツも入れていません。

そこにあったのは日記(しかも創作)と、価値観だけです。

 

メルマガはコミュニケーションツールです。

だからこそこれを意識してくださいね!

 

まとめ

今日はメルマガの書き方についてお話をしてきました。

メルマガの書き方を学ぶためには、避けて通れないマインドセットがありましたね。

それは「とにかくかく」「内容にこだわらない」「型を知る」という3つでした。

そして内容に囚われてしまったときには、それを救ってくれる魔法の言葉もありましたね。

 

メルマガの発行はあなたのビジネスを加速するための強力な武器になります。

参考記事を載せておきました。

メルマガの書き方については、参考記事①も見ていただくとより理解が深まると思います。

メルマガは参考記事②でいうところの、関係づくり(Built)の部分で用います。

参考記事①:「売れる!」メルマガを簡単に書くためのたった3つのコツ

参考記事②:ダイレクトレスポンスマーケティングで簡単に1桁売上upする方法

 

ぜひ、この書けない壁を取り払ってあなたのビジネスを加速させていきましょう!

 

もしわかりにくいところなどありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね!

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*