価格設定はビジネスそのものだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

From:江黒 亮介

 

価格を決めること。

これはどの業態でも大きな課題になります。

 

たとえば、

整体の価格を考えてみましょう。

1時間3,000円の整体もあります。

1時間9,000円のところもあります。

1時間30,000円のところもあります。

どれも原価はほぼゼロで同じです。

 

もう一つ例をあげてみましょう。

同じ動画制作案件があったとします。

原価は10万円です。

1社はそれを20万円で受注しています。

1社はそれを100万円で受注しています。

 

かかるコストはほぼ一定です。

 

この差はいったいどこから

生まれてくるのでしょうか?

 

よく物販だと

原価の3倍が売値と言います。

上記2つの例はそれに当てはまりませんよね?

 

ここで覚えておかなければいけないことがあります。

実績や品質と値段は違う

 

いくら欲しいかが値段となります。

 

そんなバカな。

そんなに上手くいかないだろ!

と思われると思います。

 

ですが、値決めで大切なのは

実はそこにあります。

 

①欲しい値段を決める

②逆算してその値段に見合った内容を決める

 

これだけです。

 

あとは見込み客さんを集めることです。

例えば医療ビル。

同じ業種が集まって

見込み客を集めていますね。

 

秋葉原の電気街は、

最近は変わってしまいましたが、

昔は家電屋さんが並び、

家電を欲しがる見込み客さんを

街全体で集めていました。

 

あなたがしなくてはいけないことは、

あなたが売りたい値段で

商品を提供しているお店に行くことです。

 

またはあなたが売りたい値段で売っている

サービスを体験することです。

 

もちろん丸パクリでもいいかもしれません。

ですが、そのサービスの不満点や穴を探して

それを含めてサービスにすれば

相手より競争上優位に立てます。

 

たとえば街の飲食店だったとして

美味しくて安いチェーン店ができたとします。

そこにどうやって対抗しますか?

 

対策としては・・・

・個別対応を強調する。

・場所を提供する。

ことなどが考えられます。

 

たとえばスナックとかはそうですね。

ママの個性と、お客さん同士の

コミュニティが経営の源泉です。

 

そしてあなたの近くのなじみの居酒屋とかもそうですね。

馴染みの客同士のコミュニティ。

目立って美味しいものはないけれど、

なんだか落ち着く場所。

 

これらは大手には出せない、

個別対応が売りということです。

 

あらゆる会社の倒産原因の第1位は忘れられることです。

 

だからこそ忘れられないように

声をかけ続けます。

 

しばらく来ないお客さんに声をかけます。

 

個性のある声かけは、大手に

まねの出来ないところです。

 

商品は安売りすればいいというものではありません。

安い商品より、高い商品のほうが満足度が高いのです。

 

そしてクレームも減り、客層も良くなります。

たった数百円下がっただけでも

客層が大きく変わってしまうことすらあります。

 

ビジネスは何事も投資からはじまります。

 

自腹を払って他社のサービスを受けて

自分の商品を考えることも投資です。

 

誰かから習うことも投資です。

 

最後に一つ覚えておきたいことがあります。

 

価格決めに感情を入れてはいけません。

 

はじめに決めた価格が大切です。

なぜならあとからあげることは

難しいことが多いからです。

 

さらに価格はブランドにつながります。

 

あなたの商品の値段は安すぎませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*