イベント集客で今月の売上を20%以上アップする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

From:江黒 亮介

 

あなたは、

集客をどのようにしていますか??

 

もしかして、

通年同じような集客をしていませんか??

 

もし、

あなたが通年同じような

集客をしているのなら、

今日の記事は参考になることでしょう。

 

どんなことをすればいいのか??

 

それは・・・

イベント集客です。

 

とくに季節に絡めたイベントをすることで、

集客力が大幅に増します。

 

イベントというものは、

バーベキューの火を起こす、

発火剤のような役目を果たすのです。

 

イベントを集客に利用していく方法

 

あなたは、もしかしたら、

イベント集客を、新規集客の時の

割引セールとしか考えていないかもしれません。

 

もちろん、

新規集客においても強力な手段です。

 

ハロウィン割引セールとか、

GW感謝セールとか・・・

 

もちろん、

それらも大きな力を出します。

 

でも、意外と抜け落ちやすいのが、

既存顧客向けのイベントです。

 

そちらも並行して

考えていきたいものです。

 

新規客は既存客の10倍以上のコストがかかる

 

ブログでもメルマガでも

言い続けていることですが、

新規客の獲得コストは、

年々大幅に増加しています。

 

昔は、新規客と既存客を

比べて5倍のコストがかかる

と言われていましたが、

最近では、10倍を超えてきています。

 

新規客獲得は、

年々熾烈を極めています。

 

では、そのような状況下において、

集客はどのようなことを考えたら

いいのでしょうか??

 

お客さんが、

あなたの商品やサービスを買う

強力な理由が必要になります。

 

その一つがイベントです。

時期とタイミングを合わせることが、

強力な集客につながってきます。

 

例えば、

ゴールデンウィークで、

バーベキューに行くと想定したとします。

 

現地で買うのもいいけれど、

馴染みのお肉屋さんで、バーベキューおすすめ

セットがあったとしたら・・・。

 

バーベキュー、不慣れだから

何を買ってどれくらい用意したらいいか

わからない。

 

そんなご家族さんだったら、

そのオファーはとても魅力的に

映りますよね??

 

集客はまずはタイミングです。

そして、次にオファー。

 

そのオファーも、

セットで買えば、単品よりも

大きくお得だとしたら・・・

 

しかも美味しいいいお肉で。

 

買いますよね^^

これがイベント集客の力です。

 

そして、同時に既存客に向けた

季節イベントを考えることで、

大きな利益も残せます。

 

先ほどの例は、

実はどちらの客層にも用いることができます。

 

新規客にとっても魅力的なオファー。

そして既存客にとっても魅力的なオファー。

 

もちろん、

既存客向けに上位コースなんかを

用意してもいいですよね。

 

もしくは、

既存客であれば、一緒に

バーベキュー企画を組んでしまうとか。

 

いろんなことが考えられます。

 

既存客の集客コストはは1/10です。

ですから利益がしっかり残ります。

 

そう思ったら、

季節イベント集客、既存客についても

やらない手はありませんよね。

 

イベントでこれだけ集客できる

 

いろんな形でイベントは利用できます。

 

例えば、

お花見企画を立てて、

178人のリストに対して、

広告費ゼロで、2週間で703,060円売りあげたり、

 

GWの折り込みチラシ

16万7,680円のコスト投下で、

163万円の売上をあげたり。

(前年度比25%アップ)

 

イベントのインパクトは

大きなものです。

 

イベントはリピート集客としても最高

 

お客さんは、

あなたから買い続けないと

失客してしまいす。

 

新規顧客獲得コストが、

既存客の10倍のコストがかかる現在、

リピート集客の重要性は

昔より大きく増しています。

 

イベント集客は、

優良顧客に育つ前の、

リピート客の購入を促すための

強力な集客ツールになります。

 

そして、そのイベント集客を通じて

あなたの商品やサービスを購入して、

満足すると、優良顧客に育っていきます。

 

ですから、

いろんなイベントを考えるといいでしょう。

 

イベント集客に使えるイベントの例

 

どんなイベントがあるのか、

簡単にあげてみましょう。

 

1、新年

2、成人の日

3、ひな祭り

4、梅まつり

5、お花見

6、豆まき

7、恵方巻き

8、確定申告

9、エイプリルフール

10、新年会

11、歓迎会

12、ゴールデンウィーク

13、省エネ

14、梅雨

15、暑中見舞い

16、敬老の日

17、運動会

18、ハロウィン

19、インフルエンザ対策

20、ボジョレヌーボー

 

などなど・・・

 

20個あげましたが、

まだまだイベントってたくさんありますよね?

 

私の作っているテンプレートには

この何倍ものイベントを書き出してあります。

 

それぞれが、

実は全てイベント集客のタネになるのです。

 

イベント集客の集客媒体は簡単に考えて

 

集客媒体に悩んでしまう人がいます。

 

集客媒体は、

目新しいものでなくていいことが大半です。

 

今はネットの社会だから、

ネットで集客しなければいけない。

 

そう思って、

かえって多額のお金を失っている人を

たくさんみています。

 

でも、最近特に感じるのは、

既存メディアの強さです。

 

ハガキ、電話、DM、

ニュースレター、チラシ。

 

そのような既存のメディアで

十分に集客は可能です。

 

とはいえもちろん、

LINE@やFacebook、

集客ブログ・PPC広告なども行います。

 

ここで言いたいことは、

目新しい集客媒体にとらわれないということ。

 

ようは、お客さんの群れに対して

どの媒体を使っていくのか。

 

1、顧客リスト

2、タイミング

3、オファー

4、コピーライティング。

 

集客の重要度の順番です。

 

まずは今日お話しした、

イベント集客を取り入れてください。

 

季節に合ったものであれば、

タイミングという集客の条件をクリアできます。

 

そして、魅力的なオファーも

作りやすいものです。

 

あとは、大切な、顧客リストに投げる方法。

新規であれば、見込み客がいる群れに対して

投げる方法を考えれば、おのずと集客は可能です。

 

すぐにできるもの。

そこから初めてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

集客に困らないビジネスモデル構築法:無料メルマガ講座

年収2000万超え、1日の働く時間を3時間以内で経営する社長になりたいあなたへ

 

利益がでる集客ビジネス構築メルマガ


 

【無料会員登録で得られるもの】

✅利益がでる集客ビジネスモデル構築メルマガ:無料メール講座

✅会員だけが見られる限定メルマガ

✅動画セミナープレゼント!

【集客に困らないビジネスモデル構築法基礎セミナー】

  「びっくりするほど見込み客が集まる集客のルール」

 

ご登録は簡単です。

下記のボタンをクリックしてメールアドレスをご登録ください。

(会員登録もやめたい時も、メールに書いてある解除リンクをクリックするだけで簡単にやめることができます。)

 


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*