あなたの会社は生き残れる?!採用・雇用力=会社力の時代

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

From:江黒 亮介

 

先日、こんな衝撃的なニュースが流れました。

 

前年から37万4055人減り、減少幅は1968年の調査開始以来、最大。15~64歳の生産年齢人口は初めて全体の6割を切った。外国人人口は過去最多の249万7656人で前年比7.5%増えた。

日本経済新聞2018年7月17日「人口、最大の37万人減 生産年齢人口は6割切る」より引用

1年で37万4055人の減少。

しかも9年連続での減少。

この数字、もしかしたら

ピンとこないかもしれません。

 

長野市の人口が37万9千人くらいです。

 

ですから、

長野市と同じくらいの人口が

1年で消えてしまったということです!

 

これって驚異的なスピードじゃありませんか?

少子化は自分の想像を

超えたスピードで加速しています。

 

これを企業経営に置き換えてみましょう。

少子高齢化によるリスクは

どのようなものが考えられますか?

 

小さな会社が直面する一番の

課題は・・・・・

 

雇用です。

 

雇用ができない時代が

すぐそこまでやってきています。

 

雇用ができないということは、

会社として成長できないということです。

 

現実的に人手不足による倒産は生じています。

例えばこんな記事があります。

人手不足を理由に経営が破綻したいわゆる“人手不足倒産”は年々増えていて、民間の信用調査会社によると去年は、106件に上りました。人口減少の加速で働き手はますます減っていくだけに、今後、状況はさらに厳しくなっていくことが予想されます。

NHK NEWS WEB 2018年2月2日 “人手不足倒産” 現場でなにが? より引用

 

この間も、そんなお話がありました。

 

とある運送会社さん。

仕事の発注は増えていたんです。

 

そこで、トラックを2年前に増やしました。

ところが、一人退職者が出ました。

 

求人をかけたけれど、採用ができませんでした。

トラック2台でフル活動しましたが、また退職者が出ました。

 

もちろん応募はありません。

1台で頑張ったけれど、その会社はとうとう倒産してしまったといいます。

 

その間も仕事の依頼はたくさん増えていたのに、です。

マンパワーがなくて、依頼に答えられず、しかもトラックに投資もしていたので、それも重荷になったと言います。

 

これって、この会社だけの問題じゃないですよね??

 

会社経営をするとよくわかりますが、経費を減らすことは本当に難しいことです。

 

人件費が減っても、そのぶん売上が落ちたら・・・

 

会社は成り立ちませんよね。

 

そんな時代がやってきました。

 

ではどうやって採用難のこの時代を生き残ればいいのでしょうか?

 

求人にもマーケィングが必要

 

求人広告というだけあって、実は採用もマーケィングです。

 

1、求職者に見つけてもらいます。

2、そして会社の中身を知ってもらいます。

3、会社のファンになってもらいます。

4、そして応募してもらいます。

 

このプロセスは、販売のプロセスと全く同じなのです。

 

ですから、実は求人広告は新規集客と全く同じなのです。

 

新規集客と同じですから、コストも労力もかかります。

 

ドクターシーラボなど2社を上場させた凄腕社長である、池本克之氏は「採用や求人活動は社長の仕事だ」と言っています。

 

それだけ大変で、重要な業務なのです。

 

常々私は、社長の仕事はマーケティングだけと言っています。

求人がマーケティングだとすれば、まさに社長の仕事ですよね。

 

求職者に見つけてもらうために

 

集客と同じで、求人の場合も、あなたの会社の存在を求職者に知ってもらわなくてはいけません。

 

そのためには、メディアを用いなければいけません。

 

どんなメディアがあるか、少し挙げてみましょう。

 

1、各種求人広告

2、ホームページ

3、チラシ(折込やポスティング)

4、ミニコミ誌

5、フリーペーパー

6、雑誌

7、専門媒体

 

軽くこれくらいは出てきます。

もちろん、もっと求人に役立つ媒体をあげることは可能です。

そのときにヒントになるのが、ペルソナの考えかたです。

 

集客を考えるときに、ペルソナ(理想のお客さん)を設定するべきと言いましたよね?

 

それを求人にも応用するのです。

 

理想の求職者(ペルソナ)から媒体を考える

 

これがハマると、求人に大きな効果が現れます。

どんな効果かというと、意外な求人媒体が見つかる、ということです。

 

例えば、ペルソナの一日の行動を考えます。

何時に起きて、どんな乗り物に乗って、どんな行動をしているか。

 

細かく書き出します。

 

例えば、

「朝6時半に起きて、テレビを見ながら朝ごはんを食べ、徒歩で駅まで歩く。その間、携帯でpodcastを聞いている。電車で30分ほどかけて新宿に出る。」

などのように。

 

この例だけでも、テレビ・電信柱・podcast・電車の中吊り広告などが考えられます。

もしかして、レアな雑誌や、定期配達などを取っているかもしれません。

 

そういった意外なところに広告を出せないか。

アンテナを高く立ててください。

 

突き詰めて考えると、意外なヒントが見つかります。

 

もちろん、費用対効果を考えなくてはいけませんが、どの媒体に出すべきなのか。

そこを考える強力なヒントとなりえます。

 

もちろん、ペルソナになるスタッフへのリサーチも欠かせません。

 

全くもって、行うことはマーケティングですね^^

 

求職者に会社への興味を持ってもらう。

 

そして次に必要なのは、求職者に会社への興味を持ってもらわなければいけません。

 

求職者は不安でいっぱいです。

この会社が本当にいい会社なのか。

 

合わない上司がいたらどうしよう、とか。

 

そんなことを考えます。

 

ですから、可能な限りあなたの言葉で求人広告を出しましょう。

 

そして、スタッフや会社の写真をたくさん載せましょう!

 

動画も強力な手段です。

あなたの声で、会社を紹介します。

 

あなたの声、スタッフの声。

全てを見てもらいましょう。

 

見てもらうことで、会社を理解してもらえるだけでなく、会社のファンとなってくれます。

そうすることで、入職後の態度ややる気が全く変わります。

 

これは顧客教育と同じですね!

見込み客の段階で、購入してもらうために教育を行います。

 

そのプロセスと全く同じなのです。

 

ここでも、マーケティングのノウハウが役に立ってきます。

 

ホームページを求職者向けに充実させよう!

 

先ほどの続きとなりますが、求職者に興味を持ってもらうためには、ホームページも意外と大切です。

 

求職者は本当に応募すべきなのか、とても悩みます。

 

不安に感じます。

 

その時に何を見るのか?

ホームページを見るのです。

 

そこに、あなたの写真や動画、スタッフの様子、一日の流れなどたくさん書いてください。

 

それが求職者の興味をひき、不安を除去してくれます。

そして徐々にあなたファンになっていきます。

 

応募しやすくする

 

最後のツメが甘くなると、応募数が激減します。

 

どうやって応募したらいいのかをわかりやすく説明します。

そして行動を促す一言を入れます。

 

Call To Action(CTA)と言われるものですね!

 

例えば、「ご応募は、今すぐ下のボタンをクリックしてお申し込みください!」

 

のような感じで、求職者にしてほしい行動を明らかにして、応募を促すのです。

 

これがあるかないかで、成約率は大きく変わります。

 

ぜひ見直して見てください。

 

まとめ

 

採用・雇用力=会社力の時代が、少子高齢化とともに確実にやってきました。

 

あなたの会社が生き残れるか?

そこに求人という要素が入ってきたのです。

 

ではどうやって安定して採用・雇用を図っていくのか?

 

実は求人もマーケティングを使うことで、安定をはかれます。

でも、そのイメージがない人が多いようです。

 

あなたはいかがだったでしょうか?

 

特にこれからの時代は、少子高齢化です。

求人は資金力があるか、魅力的なメッセージを発信できるか、いかに求職者に見つけてもらうのか。

 

それらがとても大切になってきます。

そして、数少ないアクセスの中で、成約率を最大化する。

 

マーケィングプロセスがとても大切です。

 

求人へのマーケティングには、ここには書ききれないくらい、いろんな手段があります。

 

ですが、この記事に書いたようなことすら、ほとんどの会社は行なっていません。

 

ですから、この記事を読んだあなたはラッキーだったと言えるでしょう。

 

他が求人に苦戦する中、もしかしたら一人勝ちできるかもしれませんね!

 

もしうまくいったら教えてくださいね!

祝杯でもあげましょう〜^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

集客に困らないビジネスモデル構築法:無料メルマガ講座

年収2000万超え、1日の働く時間を3時間以内で経営する社長になりたいあなたへ

 

利益がでる集客ビジネス構築メルマガ


 

【無料会員登録で得られるもの】

✅利益がでる集客ビジネスモデル構築メルマガ:無料メール講座

✅会員だけが見られる限定メルマガ

✅動画セミナープレゼント!

【集客に困らないビジネスモデル構築法基礎セミナー】

  「びっくりするほど見込み客が集まる集客のルール」

 

ご登録は簡単です。

下記のボタンをクリックしてメールアドレスをご登録ください。

(会員登録もやめたい時も、メールに書いてある解除リンクをクリックするだけで簡単にやめることができます。)

 


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*