自問自答がモチベーションをあげる秘訣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

From:江黒 亮介

 

ずっとモチベーション高くいたいと思っても、

なかなかそれを保つのは難しいものです。

 

気合いだ〜〜〜

 

とか言っても、

現実的にはそれを言葉に出しても

なかなかモチベーションが上がらない。

 

多くの人がそんな経験をしています。

 

では、気合いではなくて

どのような方法をとったらモチベーションが

上がるのでしょうか。

 

それについてお話ししていきます。

気合いがうまくいかないわけ

 

突然ですが、

あなたは命令されるのが好きですか??

 

こんな質問をすると

大半の人は、即答で

 

嫌いです。

 

と答えます。

 

実は

 

それが正解です。

人間は命令されるのが

嫌いな生き物なのです。

 

実はこれ、

自分へのコマンドにも当てはまります。

 

例えばあなたは脳内で

こんな会話を自分としていませんか?

 

「メルマガ書くの面倒くさいなぁ〜」

「そんなこと思ってちゃ〜ダメダメ!」

「頑張らないと。お前ならやれる!ファイトォ〜〜!」

 

とか。

そんなことを考えると思います。

これって

まさに自分への命令ですね。

 

先ほどお話ししましたけれど、

ヒトは自分への命令もキライです。

 

キライなのに命令しまくっている。

それではモチベーションが上がるはずありません。

 

これが気合いがうまくいかない理由です。

 

自分にお伺いを立ててみる

 

ではどうやったら

モチベーションを上げるように

脳内会話ができるのでしょうか?

 

例えばこんな会話がオススメです。

 

「今日はメルマガ書けそうかい?」

「メルマガはじめられそう??」

 

なんだか不思議ですね。

あたかも怒りっぽい上司に対する対応を、

自分自身にしているのです。

 

ようはお伺いを立てているのです。

 

でも不思議ですが、

この方法の方が、すんなりと

モチベーション高く仕事を開始できるのです。

 

しかも課題への正答率も

上がるという研究結果もあります。

 

そう考えるとこの方法を

取り入れない理由はないですね!

 

自分をあえて2重人格にしてみる

 

習慣づける方法としては、

自分自身の中に2人のキャラクターを

作っておく方法がいいと思います。

 

ようは

先ほどのお伺いを立てる役目の

人格を一人用意しておくのです。

 

そうするとこんな脳内会話が

出来上がります。

 

人格A「今日はメルマガ書けそうですか?」

人格B「なんだか面倒だけどね」

人格A「そうですよね〜。無理せずに、気が向いたらでいいと思いますよ〜。少しだけ書いてみますか?」

人格B「そうだね。飽きたらやめればいいし」

人格A「そうですよ!その時は一緒にお茶でもしましょう〜」

 

なんてゆる〜〜〜い会話を脳内で成立させます。

 

ちょっと気分良くありません??

 

これを初めて聞いた時は、

とても面白かったです。

 

その時に嫌なことを

無理にしようとすると、

すごく脳が疲れたな〜〜って

感じることを思い出しました。

 

自分自身や脳をいじめていたんですね。

脳をいじめずに、モチベーション高く、

しかも気分良く仕事するには

自分にゴマすることが大切です。

 

これを習慣づけると、

ヒトにも優しくなれそうですね!

 

まとめ

 

ヒトは強制されることを嫌います。

 

実は

それは自分自身へのコマンドにも

当てはまります。

 

ですが私たちの自分への声かけは

強制するものがほとんどです。

 

精神力を必要とします。

結果として、疲れてやめてしまう。

 

それを繰り返してしまうと

モチベーションが低下してしまう。

 

そんな悪循環にも陥りやすいです。

 

もっと自分にやさしく

声をかけてあげてください。

 

実はそれが

モチベーション高く仕事する

最善の方法ですから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

集客に困らないビジネスモデル構築法:無料メルマガ講座

年収2000万超え、1日の働く時間を3時間以内で経営する社長になりたいあなたへ

 

利益がでる集客ビジネス構築メルマガ


 

【無料会員登録で得られるもの】

✅利益がでる集客ビジネスモデル構築メルマガ:無料メール講座

✅会員だけが見られる限定メルマガ

✅動画セミナープレゼント!

【集客に困らないビジネスモデル構築法基礎セミナー】

  「びっくりするほど見込み客が集まる集客のルール」

 

ご登録は簡単です。

下記のボタンをクリックしてメールアドレスをご登録ください。

(会員登録もやめたい時も、メールに書いてある解除リンクをクリックするだけで簡単にやめることができます。)

 


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*