マネジメントの悩みを救うたった一つのマインドセットと考えかた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

From:江黒 亮介

 

 

社長になって

人を雇用するようになって

はじめて直面するのが

人の悩みです。

 

例えば、

こんな悩みや怒りをよく伺います。

 

・なんで私の思う通りに働いてくれないの??

・なんであんなに仕事のときの態度が悪いの??

・なんでこんなに覚えがわるいの?!

・まじで反抗的!

・仕事が遅すぎ!

・無駄におしゃべりしばかりしている!

 

などなど・・・

 

現場をみるたびに

社長の心はささくれだっていきます。

 

自分一人で仕事をしていたときの方が、

楽だったなぁ。

 

そんなことを毎日考えてしまいます。

 

人を使い始めたとき、

はじめに訪れる

この大きな壁を乗り越えないと

 

人を使ったビジネスを

伸ばしていくことはできません。

正直、

 

この壁が突破できなくても

社員30人くらいまでは

社長の直接の影響下で仕事や組織を作れます。

 

ですから、

なんとか会社としての形は作れます。

 

ですが、このいちばんはじめの壁を

超えられないまま組織を作ると

どうなると思いますか??

 

なかなか職員が定着せず、

常に入退職を繰り返していたり、

 

作業手順も明確でないことが多く、

生産性が悪く、無駄に残業が多くなって

ブラックな働き方になっていたり、

 

やたらに厳しい体育会系の

組織になっていたりします。

 

ただ目標を押し付けて、

上からのプレッシャーで仕事をさせる。

 

そんな形になりやすいです。

 

会社全体でプレッシャーを

与え続けていますから、

 

社内の雰囲気も悪くなりがちで、

細かいことで叱責したり、

部下の仕事のアラを探してしまいます。

 

往々にして、

そういう会社は売上も

伸び悩んでいることが大半です。

 

売上も伸び悩んでいますから、

社長のストレス値は

とても高い状態になります。

 

伸びない原因がマネジメントに

あることは察知していて、

マネジメント研修に出かけたり、

部下を派遣したりします。

 

でも、それでもなかなか

雰囲気や生産性が良くなりません。

 

なぜだろうと

不思議に思っています。

 

良くあるケースをあげてみました。

 

どこか当てはるところ、

ありましたか??

 

もし当てはまるようでしたら、

あなたは職員を雇用したあと

はじめに訪れる壁をまだ

乗り越えていないのでしょう。

 

その段階では、

スタッフ内での陰口も多く、

社長や重役の信頼は無くなっています。

 

マネジメントの前に

するべきことが2つあるのです。

 

そのうちの一つ目がマインドセット。

これがないとうまくいきません。

二つ目は次回お話ししていきましょう。

 

今日は人を雇い、

はじめの壁を乗り越えるために必要な

マインドセットについてお話ししていきます。

 

人を雇うときに必要なマインドセットとは??

 

人を雇用してはじめに訪れる壁。

その壁を乗り越えるために

まずそもそも必要なマインドセットがあります。

 

実のところ、

これはマネジメントだけの

マインドセットではありません。

 

経営やマーケティング全体に

通じるマインドセットです。

 

それは何かというと・・・・

 

その問題は本当に解決すべき問題ですか??

 

その問題は本当に解決すべき問題なのか??

 

その問いかけです。

エッセンシャル思考にも近い考えかたです。

 

参考書籍(ちょっと異なりますが、いろいろ参考になるはずです。)

↓↓↓

 

目の前で起きている問題は、

数限りがありません。

 

例えば、最初に挙げた社長のあなたからみた問題。

・勤務態度が悪い

 

まず問いかけてみてください。

 

これって本当に問題ですか??

 

そして

 

誰にとって問題ですか??

 

さらに

 

集客や売上に関わる大きな問題ですか??

 

そして、

 

この問題を解決することが、

売上目標やあなたのビジネスの目標を

達成することと何か関係がありますか??

 

おまけに

 

この問題を放置したら、

会社に損害が出ますか??

 

この問いかけ全てに「はい!」と

自信をもって答えられるなら、

その問題に全力で対処しましょう。

 

なぜなら、

それは会社の運営に大きく関わるからです。

 

でも、

どこかに「はい!」と

答えられないものがあったなら、

そこについて力を使うべきではありません。

 

態度が悪くて、

お客や売上を失うなら、

言わなくてはいけません。

 

でも、全くお客を失わずに、

会社にとって損害にならなければ、

そこに大きな力と労力を使う必要はどれだけありますか??

 

一つ大切な真実があります。

 

それは社長の仕事です。

 

社長の仕事はマーケティング。

 

社長の仕事はマーケティングです。

お客を集め、どうやって売るかを決めること。

 

お客を集めてきて、

売れるように形を作るのが社長の仕事です。

 

大切な真実があります。

 

それは

 

「マネジメントは社長の必須事項ではない」

ということです。

 

大切な質問を自らに投げかけたことで、単価500円で、初年度1億円を達成した例

 

一つとある起業家の例をお話しましょう。

 

その人は、

単価500円程度の商品で、

1年目から年商1億円を達成した起業家です。

 

通常、

500円のものを1億売るのは

なかなかできないことです。

 

そして、

商品ですから、発送や検品もあります。

 

集客〜販売。

商品の管理発送まで、

それらを全てしくみ化して、

初年度で1億円を達成しました。

 

その時、彼が自分に与えていた

言葉が、今と全く同じ言葉でした。

 

「その問題を解決することが、自分が1億円を売り上げることと何か関係がありますか??」

 

という言葉を常に自問していました。

 

こんなエピソードがあります。

 

ある日に、スタッフからこんな声をかけられたそうです。

 

「社長。現場の意思統一が吐かれていないから、ミーティングを行なってください。」

 

スタッフから声をかけられたとき、

あなたならどうしますか??

 

彼はこう考えました。

「ミーティングを開くことは、私が1億円売り上げるために本当に必要なのか??いや、必要ではない。」と。

 

そして、彼はミーティング開催を断ったそうです。

 

その結果、

組織が崩壊したと思いますか??

 

そうはならず、

結果的にスタッフが自主的にミーティングをして、

結束が固まったそうです。

 

その積み重ねで、

彼は単価500円で、

初年度で年商1億円を達成したのです。

 

同じような経験を私もしている。

 

同じような経験を私もしています。

 

従業員を使っていると、

いろんな提案や、いろんな問題が降ってきます。

 

とある日に

「会議を開きませんか??」

と言われました。

 

でも、自分は断りました。

 

漫然とする会議は意味がない。

話す場は他にとってあるから、そこで話せばいい。

 

改めて場所と時間を用意する必要はない、と。

 

その結果どうなったと思います??

 

離職率が下がり、

満足度は上がったんです。

 

なぜだと思いますか??

 

結果的に、

自分たちで考えて行動した結果、

それが楽しくやりがいになったのです。

 

無駄な会議は必要なかったということです。

 

時間はみんな平等に限られています。

 

ほとんどの問題は

実のところ、しっかり見定めれば、

解決する必要のない問題なのです。

 

そこに時間を取られず、

必要なことをするだけ。

 

人間とは面白いもので、

問題にフォーカスすると、

全てが問題に見えてしまいます。

 

ところが、

社長のあなた自ら問題ではない。

 

そんなふうにリードすることで、

実は小さな問題から目を離して、

もっと大切なことを行う時間ができるのです。

 

小さな問題でも

使う時間と精神的なエネルギーは

バカになりません。

 

会社は売上をあげる組織です。

 

無駄な時間とエネルギーを無くしただけで、

実は大きな売上アップにつながります。

 

ですから、この大切な質問。

「この問題は本当に解決すべき問題なのだろうか??」

 

これを必ず自らに投げかける。

 

それだけで、

マネジメントの大半の問題は無くなる。

 

それくらい強烈な

マインドセットと考え方です。

 

大切な質問。問題を感じたら必ず自問する癖をつけよう。

 

最後に確認しておきたいのは、

問題を感じたとき、

必ず先ほどの大切な質問を自分に投げかけてください。

 

そうすれば、

小さな問題に惑わされず、

大きな会社運営にまつわることだけに

注力できるようになります。

 

マネジメントの問題の正体とは??

 

マネジメントの問題の大半は、

実は、どうでもいい問題に時間を取られていたり、

 

気にしなければ、

全くなんの害もないことに

目くじらを立てていたり、

(社長のあなただけでなく、職員もです)

 

小さな問題ですから、

実は改善しようもないことが

大半です。

 

下手したら、

個性を変えようとしてたりします。

 

そこに大きなエネルギーを使って

組織がうまく回らない。

 

本末転倒です。

 

では、

その個性を許容して

たいして悪いことがおきないのなら、

放っておいてもいいんじゃないですか??

 

そして、

その時間や、余裕のある精神状態で

売上に直結した仕事をしたらどうですか??

 

間違いなく売上伸びますよね??

 

それが答えです。

 

マネジメントを考えるとき、

まずはこのマインドセットと考え方、

思い出してください。

 

しっかり忠実におこなうと、

不思議なくらいマネジメントが楽になります。

 

あなたのストレスが

100分の1くらいになります。

 

理論だけじゃなくて、

私自身も経験しているから保証済み。

 

まあ、ほとんどの場合、

売上も上がります。

 

それくらい影響大きいですよ。

 

やってみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

集客に困らないビジネスモデル構築法:無料メルマガ講座

年収2000万超え、1日の働く時間を3時間以内で経営する社長になりたいあなたへ

 

利益がでる集客ビジネス構築メルマガ


 

【無料会員登録で得られるもの】

✅利益がでる集客ビジネスモデル構築メルマガ:無料メール講座

✅会員だけが見られる限定メルマガ

✅動画セミナープレゼント!

【集客に困らないビジネスモデル構築法基礎セミナー】

  「びっくりするほど見込み客が集まる集客のルール」

 

ご登録は簡単です。

下記のボタンをクリックしてメールアドレスをご登録ください。

(会員登録もやめたい時も、メールに書いてある解除リンクをクリックするだけで簡単にやめることができます。)

 


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*