年間利益を5倍に増やすためにするべき3つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

From:江黒 亮介

 

会社を続けていくにあたって

一番大切なものってなんでしょうか??

 

売上ですか??

従業員ですか??

 

もちろん

それぞれとても大切なものです。

 

ですが、

あえて一番大切なものを定義するならば、

それは「利益」と言えるでしょう。

 

それはなぜだと思いますか??

 

利益こそ、

会社にお金を残してくれる

唯一のものだからです。

 

今日はその利益を残すために

必要な3つのことについて

お話ししていきます。

利益を増やすための方法その1

 

利益を増やす方法で、

もっとも簡単に手早く行える施策が

単価アップです。

 

単価をあげることで、

販売数が変わらなければ、

大きな利益の増加につながります。

 

そして

意外に思われますが、

単価をあげること自体は

そんなに難しいことではありません。

 

テクニックでお客を減らさずに

単価アップできる方法は7つあります。

 

単価アップのノウハウ自体は27個あります。

 

ですから、

意外と単価をあげることは可能なのです。

 

とはいえ、

どうしても単価をあげることって

怖いし、下手すると罪悪感を覚える人もいます。

 

ですが、

実は単価を正しくあげると、

お客さんになぜか喜んでもらえます。

 

お金を払うことで、

満足度も上がるからです。

 

それが人間の心理の面白いところ。

 

利益を出して、

お客さんに喜ばれる。

 

そんなことが可能になります。

 

しかも低単価のお客さんより

単価が高いお客さんの方が

確実に客層がいいです。

 

クレームも少ない。

お金も落としてくれる。

 

ですから、

単価をあげて、いいお客を手に入れながら、

利益を確保すべきなのです。

 

利益を増やすための方法その2

 

利益を増やすための方法には

もう一つあります。

 

それは、

「利益のでる集客に力を入れること」

です。

 

具体的なことって

なかなかイメージしにくいと思います。

 

そういう時は反対から

イメージするとわかりやすいと思います。

 

一つの恐ろしい真実は、

新規集客は利益の出ない集客です。

 

むしろ

赤字であることが大半です。

 

広告を使って、

赤字で新規集客ができるようになると

ビジネスは途端に楽になります。

 

では、

利益の出る集客とはなんでしょうか??

 

それは、

一度あなたから商品やサービスを

買ったことのあるお客さんに対して、

行う集客のことです。

 

たとえば、

一度来店してくれた人にお礼状を書いたり、

電話をかけるようにしたり。

ニュースレターを発刊したり。

イベントを組んだり。

 

そんな小さなことを積み上げると、

莫大な利益が出てきます。

普通に最低でも年間利益2倍。

むしろ4〜5倍くらいに跳ね上がることが大半です。

 

なぜだと思いますか??

 

それは、

リピート客に対して行う集客のコストは、

新規客に比べて1/10のコストで済むからです。

 

10分の1のコストで

集客ができるわけですから、

残りは全てあなたの利益になります。

 

ですから、

経営を楽にして、売上アップし、

利益をたくさん会社に残したいと考えたとき

リピート集客はとても大切になってきます。

 

利益を増やすための方法その3

 

先ほどの話のように、

利益を残すためには、リピート集客が

大切だという話をしました。

 

そして、

そのリピート集客にはさらに先があります。

 

優良顧客を作ることです。

 

上位4%の優良顧客は

あなた以外の人から商品やサービスを

買わなくなります。

 

完全にファンというより

信者になっているのです。

 

そんな信者のようなお客さんを

つくるために

リピート集客は欠かせません。

 

理由がなくては、

あなたから商品やサービスを

書いません。

 

買ってもらうことで、

お客さんはあなたのファンに

なってくれるのです。

 

そして、

信者的なお客さんに

なってもらうためには、

あなたからの定期的な接触

(メルマガやニュースレター)や、

優良客として認定してあげることなどが大切です。

 

優良客として認定して、

サービスを手厚くしてあげることで、

お客さんの自尊心は満たされます。

 

そしてそれをお客さんとあなたとの

間だけでなく、周りのお客さんにも

嫌味にならないようにしながら

見せておかなければいけません。

 

例えば、

ラーメン屋で金のマイどんぶりが優良客用に

備え付けてある。

 

そんなイメージです。

 

その金のどんぶりを見たら、

はじめてのお客さんは「あれ何???」てなる。

 

そして、

なんとなく優遇されていてうらやましくなる。

 

一部の人は、

それを目指したくなるし、

優良客は特別待遇とその目線がうれしくて

また来たくなる。

 

そんなことが起こります。

 

結果、

来店頻度が増えて、

売上・利益アップにつながるのです。

 

優良客つくりの補足

 

ちなみに、

2:8の法則というものがあります。

 

どのような法則かというと、

売上の8割を、優良客の2割があげているというものです。

 

正式にはいろんなものに

2:8の法則は応用できますが、

ここでは簡単にそう捉えておきましょう。

 

ちなみにさらにビジネスが進化すると

2:8はもう一度適応されます。

 

上位4%が64%の売上をあげる。

 

それくらい優良客の経営に与える

インパクトは大きいのです。

 

ですから、

この事実を知ったら、すぐに

その対策に取りかかってください。

 

大幅な利益アップにつながります。

 

利益を増やす3つの方法をしっかり行えば、新規集客にも困らなくなる

 

利益を増やす3つの方法を

しっかりおこなえば、

実は新規集客にも困らなくなります。

 

なぜだかわかりますか??

 

なぜかというと、

3つの理由があります。

 

まず一つ目

お客が離脱しなくなります。

 

お客が減らないので、

新規集客にかける力を少し落としたところで

経営は十分に成り立つようになります。

 

それだけでなく、

キャンセル待ちの状態になれば、

離脱した分をすぐに補充できるようになりますよね??

 

この状態を維持することです。

 

ポイントは

キャンセル待ちが多いからといって、

受付枠を広げすぎないことです。

 

行列のできるラーメン屋と同じで

行列のできるところには、

お客は集まるからです。

 

席数を増やして、

かえって客数が減った例はたくさんありますから。

 

ですから、

キャンセル待ちをあえてつくるのが大切です。

 

そして2つ目

利益が大きく出るので、

その利益を広告費に回すことができるようになります。

 

広告費がかけられれば、

たとえ、ちょっとコピーが悪くても、

お客のいるところに届ければ、

ある程度の反応は出ます。

 

そうすれば、

新規は絶え間なく入って来ます。

 

利益があることで、

いろんなん選択肢が取れるようになる。

 

だから新規集客に困らなくなります。

 

3つ目は、

口コミが増加します。

 

ここまでしっかり優良客を作ると

口コミが絶えなくなります。

 

口コミの威力は絶大です。

 

紹介でくると

その大半はあなたの商品やサービスを

購入します。

 

なぜかというと、

すでに優良客からあなたの

商品やサービスの良さを聞いているからです。

 

買う気で来ているお客さんに

売ることほど簡単なことはありませんよね??

 

ですから、

さらに新規集客に困らなくなります。

 

まとめ:集客に困らないビジネスを作りたければ、利益の出る集客に力を入れること

 

集客に困らないビジネスを作りたければ、

利益の出る集客に力を入れることが大切です。

 

そして

利益を出すためには、

3つのプロセスが大切だと言いました。

 

1、単価アップ

2、リピート集客

3、優良客つくり

 

これらを実践してもらうことで、

あなたのビジネスはもう一つ上のステージに

あがれます。

 

もし、

あなたが自分でだけでは

難しいと思ったなら、

私のところにお声かけください。

 

きっと利益の増えかたに

驚いていただけるはずですから^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

集客に困らないビジネスモデル構築法:無料メルマガ講座

年収2000万超え、1日の働く時間を3時間以内で経営する社長になりたいあなたへ

 

利益がでる集客ビジネス構築メルマガ


 

【無料会員登録で得られるもの】

✅利益がでる集客ビジネスモデル構築メルマガ:無料メール講座

✅会員だけが見られる限定メルマガ

✅動画セミナープレゼント!

【集客に困らないビジネスモデル構築法基礎セミナー】

  「びっくりするほど見込み客が集まる集客のルール」

 

ご登録は簡単です。

下記のボタンをクリックしてメールアドレスをご登録ください。

(会員登録もやめたい時も、メールに書いてある解除リンクをクリックするだけで簡単にやめることができます。)

 


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*