ネット集客を無料でおこないたいときに必要なSEOの基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

From:江黒 亮介

 

SEO対策。

 

よくこんな言葉が聞かれますね。

 

SEOとは検索エンジン最適化と言われています。

 

現在Googleのアルゴリズムに

よって検索のほとんどがされています。

 

アルゴリズム自体は日々変化しますし、

しかも詳細はブラックボックス化していますので、

正確なSEO対策の方法はGoogleのトップしか知りません。

 

ただ、その中でも、

確実にわかるところはあります。

 

今日のそのSEOの基礎ついて

触れていきたいと思います。

キーワードを考える

まず大切なのは、

キーワードを考えることです。

 

キーワードとは何かというと、

検索をするときに打ち込む単語のことを言います。

 

例えば、あなたが北海道に旅行に行きたいと考えたとします。

 

そうしたら、

「北海道」「旅行」

などのキーワードで検索するのではないでしょうか?

 

そのときに、

一番上に表示されるのが、

まずは広告になります。

 

俗にPPC広告とかリスティング広告とか

言われるものです。

 

そしてそのちょっと下に、

Googleが探してきたオススメのページが

順番に表示されます。

 

今回は「北海道」「旅行」の

2つのキーワードでしたね。

 

その2つのキーワードが含まれていて、

かつ、その情報がしっかり書かれているページが

上位表示されます。

 

簡単に言うと、

SEOとはそのようなものです。

 

キーワードの羅列では上位表示されない

 

一昔前は、

キーワードの羅列でSEO対策がある程度できました。

 

でも、今はかえってそれはマイナスです。

 

キーワードがゼロではGoogleは検索できませんが、

キーワードの発生率だけでなく、

そのサイトの質まで検索アルゴリズムで評価できるようになりました。

 

と言うことは、キーワードだけ羅列してある

サイトは読みにくくて、読者のニーズに沿ってない。

 

そんな判断を今は下されてしまいます。

 

ですから、キーワードだけにとらわれてもいけない。

まずはそこを抑えてください。

 

とはいえ、キーワードを選ばないとSEO対策はできない

 

とは言ったものの、

しっかりと今から各記事のキーワードを意識しないと

そもそもSEO対策はできません。

 

もちろん、投稿記事の全てをSEO対策しなくても

いいと思います。

(とはいえ、ゴミ記事は

大きな減点要素となっていますので、

キーワードを意識していない記事でも

しっかりしたコンテンツにはしておきましょう)

 

初めはしっかりSEOも意識して書きつつ、

記事数がたまってきたら、

ファン化のための記事も増やしていくといいでしょう。

 

SEOを意識するだけの記事は

全体として面白みに欠けることが多いです。

 

アクセスを集めないと

そもそも見込み客を集めることはできません。

 

アクセスを集めるためには

まずSEO対策で見つけてもらわなければいけません。

(もちろん最近はSNSなどもありますが、

その話は後日に回しますね!)

 

でも、アクセス=即:問い合わせにはなりません。

 

記事を読んで、納得し、

そして他の記事を読んでファン化するのです。

 

ファン化した人が、問い合わせや

あなたのメルマガに登録をしてくれるのです。

 

もちろん、すぐにメルマガに登録して、

そこからファン化するケースもあります。

 

ですが、ブログだけでもファン化してもらえるように

記事を充実させる。

 

それが出来ると強力な集客サイトが完成します。

 

SEOの順位をあげて、集客サイトを完成させるために

どうやってキーワードを選んだらいいのでしょうか?

 

具体的な話をしていきます。

 

キーワードの発掘方法

 

1、ツールを使う

 

まずはツールを使う方法をご案内します。

 

どんなツールがあるかというと、

今回は代表的な3つのツールをご紹介します。

 

キーワードプランナー

 

これは本来Googleで広告を出すためのツールです。

ですが、とても便利なツールです。

 

キーワードがどれくらい検索されているのか、

そして関連キーワードもある程度教えてくれます。

 

必ず使えるようになっておきたいツールです。

 

関連キーワード取得ツール

 

自分だけではキーワードのアイデアが出ないときに

便利です。

 

キーワードだけでなく、教えてgooや

yahoo!知恵袋まで提示してくれるので、

リサーチの手間も省いてくれます。

 

なかなか優れもののツールですね!

 

GoodKeyword

 

キーワードプランナーのような

関連キーワードを提示してくれます。

 

Google、Bing、yahooの検索を反映して

表示してくれます。

 

私自身はあまり使いませんが、

キーワードプランナーを補完する

ために使っている人も多いツールです。

 

これらを用いて、

キーワードを発掘するといいでしょう。

 

2、お客さんの言葉からキーワードを探す。

 

意外とほとんどされていないのが、

お客さんの言葉で、SEO対策をするということです。

 

これはハマると強力なSEO対策になります。

 

なぜなら競合に気づかれずに

こっそりとSEO集客が可能になるからです。

 

もちろん、競合の検索キーワードを

発掘するツールもありますが、

あまり使い勝手がよかったイメージはないですし、

そこまで行うところも少ないです。

 

ですから、

しっかりとお客さんの言葉を観察して、

それをキーワードにSEO対策をしてみてください。

 

3、教えてgooやYahoo!知恵袋を参考にする。

 

先ほどのツール(関連キーワード取得ツール)で、

ある程度表示してくれるので、

わざわざ見にいく必要は減りますが、

 

しっかり回遊すると、

悩みやキーワードがたくさん詰まっているのが

こういったお悩みサイトです。

 

キーワード発掘だけでなく、

記事のネタに使うケースも多いです。

 

嫌な記事もあったりしますが、

そこは集客のため。

 

しっかりリサーチしたいものではあります。

 

 

はじめは検索ボリュームが小さくて、競合の少ないキーワードを選ぶこと

 

いきなり検索数がたくさんあり、

競合も多いビッグキーワードの記事を書くのは

避けたほうがいいです。

 

なぜなら、SEO対策できる記事を書くには

書く側の慣れも必要だからです。

 

書いて、アクセスやSEOの順位をみて、

だんだん、体感としてわかってきます。

 

ですから、はじめは競合の少ないキーワードを

狙うのが鉄則です。

 

少ないアクセスも

積み上げれば大きなアクセスになります。

 

ですから、月間検索ボリュームは

キーワードプランナーで100〜1000。

10くらいでも最初はいいと思います。

 

そこは覚えておいてください。

 

キーワードを入れて題名を作る

 

基礎の基礎なので、

抜け落ちることは少ないですが、

題名にはキーワードを必ず含めましょう。

 

昔は左側にあればあるほど、

SEOが上がりやすいと言われていました。

 

最近はその傾向はないと思ってもいいでしょう。

 

これを今でも指導しているSEO会社には

気をつけたほうがいいかもしれません。

 

経験則にはなりますが、

キーワードを左に寄せたことによって、

あまり変化があるようには感じていません。

 

とはいえ、題名には必ず

含めなくてはいけません。

 

例えば、先ほどの「北海道」

「旅行」のキーワードの場合、

 

「北海道旅行を100%満足する旅行計画の立て方」

 

なんて題名がいいと思います。

キーワードも含まれていますし、

ちょっと興味もひきやすい題名になります。

 

題名は、

キーワードも考えなくてはいけませんが、

お客さんに興味を持ってもらうための

ものでもあります。

 

検索順位が上にあっても、

興味を引かない題名ではアクセス増に

つながりません。

 

ぜひ、魅力的なタイトル作りを

心がけてください。

 

※その辺も後日解説します。

 

見出しの順番を意識する

 

目次には実は順番があります。

 

どんな順番かというと、

h1、h2、h3〜〜〜

のように、題名から順番に下の番号を基本的には使います。

 

どのような使い方かというと、

 

h1:題名 「北海道旅行を100%満足する旅行計画の立て方」

 

h2:第1章 「北海道旅行の計画を立てる前に準備するべきこと」

 

h3:第1章の小見出し 「東京との温度差を解消する衣服の選び方」

 

h2:第2章 「実際の準備について」

 

・・・・・

 

h2:まとめ

 

イメージ湧きますか??

 

書籍の目次の構造と思っていただければ大丈夫です。

 

表紙がh1ですね。

 

そして、目次のそれぞれの章がh2となります。

 

それぞれの章の中にさらに小見出しがあれば、

h3やh4になります。

 

そのような順番になるように、

小見出しは配置してください。

 

時々、それを間違えているケースがあります。

 

Googleは綺麗な階層構造を好みます。

 

ぜひ意識の片隅においておいてくださいね!

 

キーワード数は欲張らないように!!

 

時々、キーワードの数を5つとか6つとか

欲張る方がいます。

 

ほとんどの人は

そんなにキーワードを入れて検索しないですし、

 

しかもGoogleからも嫌われて全体のSEO順位を

下げてしまうことにもなります。

 

キーワードは一つ〜2つくらいと

思っておいてください。

 

しっかりメタディスクリプションは書きましょう!

 

これは検索のときに、

 

題名の下に表示される説明のことです。

 

SEO自体への影響はそれほど大きくは

ないですが、

サイトの情報をGoogleに正確に伝えるために用います。

 

また、

 

記事内容の要旨になりますから、

その記事を読んでもらえるかどうかにも

関わってきます。

 

面倒くさがらず、

しっかりと行なっていきましょう!

 

アイキャッチ画像は記事のイメージにあったものを

 

アイキャッチ画像はなくてもSEOには

関係ありませんが、

記事を読んでもらえるかどうか、

その観点では外せない要素です。

 

特にSNSを絡めて集客するときには

必須となります。

 

忘れずに入れておきましょう!

 

記事に動画を埋め込めばさらにいい

 

記事の中にYoutube動画を組み入れると

 

さらにSEOに対して寄与してくれる場合が

多くみられます。

 

SEOには、滞在時間や

単発の記事だけでなく、

サイト全体を読者が読んだかなどの

情報を総合してSEOが決定していきます。

 

動画はそれなりに視聴に時間が

かかります。

 

ですから、SEOに対しても

効果が見込めるのです。

 

ひと記事の文字数はどれくらい??

 

文字数が多いからといって、

SEOの順位が上がるわけではないと

Googleは言っています。

 

ですが、

作業労力や情報量的にも

500〜1000文字では

SEO上位に上がることは難しいです。

 

そして500文字くらいの記事は

かえって全体のSEOを下げてしまう。

 

そんなケースが最近は多発しています。

 

一つのダメ記事が全体の足を

引っ張る。

 

そんな状況になってきているようです。

 

 

ですから、

2000文字くらいの記事は書きたいところですね。

 

ビッグキーワードの

SEO上位の記事は、

すごく長文で、かつコンテンツ的にも

優れているものが多いです。

 

ぜひ、SEO上位のサイトはみる習慣をつけてください。

 

どういった記事が

上位表示されるか、だんだん

わかってくるようになってきます。

 

自分自身の意見やキャラクターも、反映されている可能性がある

 

どんどん、検索が個人の意見やキャラクター

にも反映されている。

 

そんな印象を受けます。

 

それについては、

別記事で取り上げました。

 

ぜひ参考にしてください。

 

これからのネット集客を考えた時に、キャラ出しはすべきなのか?

 

ですから、客観性は出しながらも、

自分自身の意見もしっかり述べたほうが

今後は良さそうです。

 

まとめ系サイトとの差別化や

集客のためのファン化にも自分を

さらけ出すことは必須です。

 

ぜひ意識してみてくださいね!

 

まとめ

 

今回は、SEOの基礎ということで、

キーワードの選び方を多めに、

全体を概観するような記事を書きました。

 

全体を知らないと、

各論には入れませんよね??

 

しっかり抑えていただいて、

明日からのネット集客にお役立てくださいね!

 

参考記事一覧

これからのネット集客を考えた時に、キャラ出しはすべきなのか?

ブログのネタ切れを解消する、3つのマインドセットと5つの情報収集法

はじめてのネット集客を2倍速で成功させるには、ペルソナの設定が必須!

メルマガの書き方に悩んでいるあなたを救う3つのマインドセットと実際の書き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

集客に困らないビジネスモデル構築法:無料メルマガ講座

年収2000万超え、1日の働く時間を3時間以内で経営する社長になりたいあなたへ

 

利益がでる集客ビジネス構築メルマガ


 

【無料会員登録で得られるもの】

✅利益がでる集客ビジネスモデル構築メルマガ:無料メール講座

✅会員だけが見られる限定メルマガ

✅動画セミナープレゼント!

【集客に困らないビジネスモデル構築法基礎セミナー】

  「びっくりするほど見込み客が集まる集客のルール」

 

ご登録は簡単です。

下記のボタンをクリックしてメールアドレスをご登録ください。

(会員登録もやめたい時も、メールに書いてある解除リンクをクリックするだけで簡単にやめることができます。)

 


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*