新規事業立ち上げは3年かかる??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

From:江黒 亮介

 

新規事業。とても魅力的な言葉だと思います。

 

でも、この新規事業に失敗して、

経営が苦しくなった。

 

そんな話も聞きますよね??

 

でも社長という人種は、新規事業をやりたがります。

 

俗にいう新規病というやつですね^^

 

これは私自身も発病者なので、

人のことを言えたものではないです。

 

ですが、この1点を知ってからは

大きな失敗はしなくなったとも言えます。

 

そんなことを今回はシェアしていきたいと思います。

1万時間の法則

 

全くの新規事業をはじめるときに、

心にとめておくべき一つの数字があります。

 

それは、1万時間の法則と一般的に

言われるものです。

 

これは元々は、

人が専門家になるために最低限、

必要とされる時間と言われています。

 

石の上にも三年。

これも考えてみたら1万時間ですね^^

 

全く新しいことに取り組むとき、

この1万時間の法則が多くの場合当てはまります。

 

不思議ですが、

どのビジネスや習い事でもこの

1万時間に当てはまる人が多いのです。

 

実は新規事業にもこれは当てはまります。

 

全く新しい分野への新規事業進出をしようとした時、

多くのケースでは1万時間の法則が適応されてしまいます。

 

1万時間タネを撒いて、

少しずつ事業を育てていけば、

それは花を咲かせます。

 

ですが、多くの小さな会社の社長が行う新規事業では

そんなに潤沢な資金も時間もありません。

 

3年も継続して取り組むことはほぼ不可能です。

 

ですから多くの新規事業がダメージだけ残して消え去ってしまうのです。

 

これだけ読むと、

新規事業なんでもはやできないと思ったかもしれません。

 

ですが、この1万時間の法則をすっ飛ばす方法もあります。

今回シェアすべき最大の内容はここかもしれませんね^^

 

あなたの延長線上に新規事業のタネは眠っている

 

これは起業にも当てはまりますが、

今まで自分や自社が行ってきたものの延長線上であれば

新規事業の立ち上がりは早いものです。

 

それはなぜか?

 

まずあなた自身や社員がすでに専門家であるということ。

そして、多くの場合、その会社特有の勝ちパターンが明確であるということ。

 

その勝ちパターンを活かすことが出来るからです。

 

例えば一番失敗しない方法は

顧客を変えずに行う新規事業です。

 

これであれば、ほぼリスクなく新規事業が可能です。

お客の望むものを知り、そこに商品をあてがうだけになります。

非常に簡単な方法ですね^^

 

起業の際にも、今までの自分の延長線上に

ビジネスやお客さんを選ぶことで、

1万時間の法則の壁を破ることができます。

 

まずは新規事業を考えたときには、

お客をズラさないことから考えてみてください。

 

経験と知識を学ぶ

 

もしも、1万時間の法則があるとわかっていてもなお、

新規分野を開拓していきたい。

 

あなたがそう考えているのなら、

もう一つ1万時間の法則を短縮出来る方法があります。

 

それは何か?

経験を学ぶことです。

 

言葉を変えるとメンターを得るということです。

 

あなたが経験していない新規分野の経験のある人から

学ぶことで、そのスピードは加速します。

 

なぜ加速するのか?

 

それは、その人がすでに前を歩いていて、

適切な道筋を知っているからです。

 

船は羅針盤がないと目的地にはたどり着けないと言います。

 

それと同じで、

新しい分野を切り開こうと思ったとき、

わかっているつもりでも方向すらわかりません。

 

たくさんの失敗を積み重ね、

そこから学習して正しい道を見つけて

新しい新規事業を軌道に乗せるのです。

 

それに1万時間かかります。

 

でも、あなたより前にたくさんの失敗をして

道を切り開いた人がいたとしたら、

その人の歩いている道をたどれば、

あなたは他のどんな方法より確実にしかも早く目標に到達します。

 

それが、メンターを持つことです。

メンターはもしかしたら、私のようなコンサルタントのことかもしれません。

 

もし、同じ業種で、

経験を持つ人を見つけられない時は、

他業種でも成功している人や、しっかりした知識を持っている人から学びましょう。

 

知識を得るにも時間がかかります。

自分で学ぶ時間も短縮できます。

 

自分も新しい分野のチャレンジをしてきました。

 

自分だけでやっていた時は

遅々として進まなかったことが、

知識と経験のあるひとの話を聞くだけで

ビジネスが一気に加速する。

 

そんなことを何度も体験しました。

 

おわりに

 

ことに最近はいろんなビジネスをみるようになりました。

いろんな体験談もたくさん聞くようになりました。

 

共通して1万時間の法則が当てはまる。

 

そんなことを痛感します。

 

社長さんの新規事業もそうですが、

先日お会いしたプロのブロガーの人も同じことを言っていました。

 

その人は月に100〜200万くらい稼ぐ元パチプロさんですが、

稼げるようになったのはちょうど3年経ってからだそうです。

 

しかもその人は朝3時には起きて毎日ブログを書き続けたそうです。

子供も3人いるパパですが、その努力すごいですよね。

 

その人はパソコンも全く使えなかったそうです。

そこから新しいビジネスに取り組む。

 

1万時間が見事に適用されてます。

 

社長という人種は独特なものです。

自ら会社を立ち上げ、引っ張ってきた創業社長は

とくに一度起業に成功していますから、

頑張れば新規事業は何とかなると思っています。

 

何を隠そう、私がそうですから(笑)

だから社長さんのその話はそうそう!って感じです^^

 

でもこれは覚えておいてくださいね。

と言っていつもお話しするのが、この1万時間の法則です。

 

でもこれを知っていれば、

いきなり借金をして広告費を投入するようなことは

しません。

 

コツコツ種を撒いて、

ビジネスを育てて、時期が来たら一気に花を咲かせる。

 

そんな計画も立てられますよね^^

 

だからこんな記事を今日はみんなとシェアしたいと思いました。

 

なぜなら、新規事業創出そのものは、この流れの早い

今のビジネス界の中では必須だからです。

 

多くのビジネスモデルが3〜7年で陳腐化すると言われています。

 

そんな中で、同じようなビジネスをしているわけにはいきません。

ビジネスモデルも事業も進化しなくてはいけないのです。

 

ですから、3年前からタネを撒きましょう。

それが3年〜5年後の未来をつくりますから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

集客に困らないビジネスモデル構築法:無料メルマガ講座

年収2000万超え、1日の働く時間を3時間以内で経営する社長になりたいあなたへ

 

利益がでる集客ビジネス構築メルマガ


 

【無料会員登録で得られるもの】

✅利益がでる集客ビジネスモデル構築メルマガ:無料メール講座

✅会員だけが見られる限定メルマガ

✅動画セミナープレゼント!

【集客に困らないビジネスモデル構築法基礎セミナー】

  「びっくりするほど見込み客が集まる集客のルール」

 

ご登録は簡単です。

下記のボタンをクリックしてメールアドレスをご登録ください。

(会員登録もやめたい時も、メールに書いてある解除リンクをクリックするだけで簡単にやめることができます。)

 


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*