普通の石ころを億超えさせてしまうタイミングの威力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

From:江黒 亮介

 

ここ数日、

ビジネスの各パーツについて

お話ししてきました。

 

これらのポイントを抑えて、

いいビジネスができた!

と思っている方も多いのではないでしょうか。

 

ここで広告を出したりして

集客をしますが、

そのときに、

上手くいく人、いない人がいます。

 

それはなぜでしょうか?

ビジネスモデルができてもうまくいく人・いかない人に分かれる理由

 

見込み客の願望にフォーカスした商品。

調査もしたし、

価格もうまく設定できた。

 

多くのかたはこれで上手くいくでしょう。

 

ですが、

完璧だと思っていたのに売れなかった・・・

という方もいます。

 

それはなぜでしょうか??

 

もし、事前の6つの要素に

問題がないのであれば、

タイミングを誤っています。

 

タイミングが悪いと同じ商品でも全く売れない

 

例えば、

花粉症の時期に花粉症の薬を売る。

これはもちろん売れますよね。

 

では、

花粉症が流行らない時期に

花粉症の薬を大々的に売ってみたら・・・

売れませんよね。

 

どれだけ巨額の広告費を見込み客に

対してかけたとしても、です。

 

もう一つ例をみてみましょう。

 

例えば、

冬のコートを夏に大々的に売っても、

なかなか売れませんよね?

 

超、激安。

だったら話は別かもしれません。

夏に仕入れて冬に売る転売屋も

いなくはないですから。

 

でも、それでは小さな会社は

ビジネスにになりません。

 

なぜなら大きな利益は

激安商品からは生まれないからです。

 

以前は売れたものが、

今は売れないという商品もあります。

 

例えばダイエット商品。

ビリーズブートキャンプのような

がんばる系のダイエット商品があったとすれば、

 

酵素ダイエットのように

飲むだけ簡単。

みたいなものが流行ったりします。

 

がんばる系がはやるときと

楽チン系がはやるときがあります。

 

どのようなことかと言うと、

 

頑張ったあとには、

頑張って成果が出なかったり、

 

頑張ることに疲れた人が

楽に痩せられる方にシフトします。

 

逆に楽な方法が流行り、

それを実践したけれど思うように

効果が出なかった方は

頑張って痩せる方にシフトします。

 

このように同じ願望にフォーカスしていても

その商品が売れるためのタイミングがあります。

 

これがタイミングです。

 

タイミングと時流を見極める方法とは?

 

時流を見極めることは、

慣れないと実は難しいものです。

 

まずは

タイミングを見極める

アンテナを立てましょう。

 

今の話を頭に入れておけば、

トレンドな情報をみたときに、

ビジネスのアイデアが

バンバン出てくるようになります。

 

例えば、

テレビなどのニュースを使ったり

Googleアラートを

使ったりする方法があります。

 

人はニュースに影響されます。

それを利用します。

 

例えば、

近所で凶悪犯罪があったとします。

そうしたら、

防犯アラームが売れるかもしれません。

 

例えば、

チョコレートが健康にいいと

NHKで流れたとします。

そうしたら、

チョコレートがバカ売れするかもしれません。

 

お客さんは、いつでも買えるものは

買いません。

 

だからこそ期限を決めて、

購入を促さなくてはいけません。

 

そしてその期限には理由が必要です。

 

例えば、

あなたのお店がエステだったとしたら、

施術のベッドが少ないとか、

予約がかなり埋まっているからとか、

部屋に制限があるとか、

 

なんでもいいので、

もっともらしい理由をつけることが

大切です。

 

緊急性を謳うことが大切です。

 

商品やサービスの切り口や

見せ方を変えることで、

購買を促すことができます。

 

切り口を変えると

石ころでも売れる。

 

そんな嘘みたいな例が実際にあります。

 

タイミングよく、切り口を変えると石ころでも億を稼げる

 

お客の願望にフォーカスすれば

石ころですら、億を超えて稼ぐことが

できるのです。

 

時は1975年。

私が生まれるちょっと前のお話し。

 

その年のクリスマス商戦でのお話し。

ペットロックという石が販売されました。

 

それは、ただの丸っこい石ころ。

 

そして売っている箱は、

ペット用のキャリーとして作られていて、

呼吸のための穴が空いていました。

 

飼育方法のマニュアルや

しつけ方、お風呂に入れること

なども書いてあったそうです。

 

それはペットを飼いたいけど、

当時のマンションでは飼えない。

 

そのフラストレーションに

見事にフォーカスした商品でした。

 

この石ころが、

この年のクリスマス商戦で

なんと6億7千万円も売れたのです。

 

なぜただの石ころが

こんなにも売れたのでしょうか?

 

理由をあげてみましょう。

 

一つは、クリスマスだから、

お金を払う用意ができていたことがあります。

 

親の立場としてみたら、ペットほしいと言われても

マンションだから飼ってあげられません。

 

ハムスター、ワンチャン、猫ちゃんなどなど

子供が飼ってみたい動物はたくさんあります。

 

もちろんマンションじゃなくても、

共働きで命あるものを

飼うことは難しいお宅だってあったと思います。

 

可愛い子供のために

ペットを飼ってあげたい。

子供の喜ぶ顔が見たい

 

その願望にフォーカスしました。

クリスマス商戦というタイミングも追い風となり、

この商品は売れました。

 

しかも原価は石ころなので、箱代だけ。

ほぼ利益丸ごとで、

6億7千万稼ぎ出したのです。

 

これがコンセプトとタイミングの力です。

 

タイミングを合わせてトレンドに乗る!

 

あと、タイミングよく

ビジネスを行おうとすれば、

トレンドのものに便乗すればいいのです。

 

例えば、iphone出たら自撮り棒とか、

画面を守るためのガラスフィルムとか。

 

商品を使っていて出てくる

願望や不満にフォーカスして、

付随商品売ればいいのです。

 

ブームに乗ればいいのです。

勝ち馬に乗る、とも言いますね。

 

たとえば

以前、お花見を売ったことがあります。

 

お花見をしたいけれど、

場所取りや天気、寒さなど

年をとればとるほど

そういった事柄がこたえるから

もうやらない。

 

そんなフラストレーションがありました。

 

ですから、

それを解決できるように

商品をつくりました。

 

他の商品を売るための

フロントエンド的な位置付けの

商品ですし、

少人数でのイベントでした。

 

ちょっとニュースレターに値段も書かずに

興味がある方は声をかけてと書いただけ。

 

こちらから一切声をかけることなく

65万円稼ぐことができました。

タイミングを得て、

願望にフォーカスすれば、

強いオファーやクロージングはいらないのです。

 

タイミングとコンセプトが合えば

強いオファーやクロージングの必要なく

高い商品を売ることができます。

 

ですが、商品が同じでも

タイミングやコンセプトが合わないと

売れないということもありえます。

 

ですが、しっかり基本を抑えれば

ビジネスは難しいものではありません。

 

ビジネスとは科学のようなものです。

基本を抑えると、

いろんなビジネスが出来てきます。

 

いかがだったでしょうか?

 

ぜひあなたのビジネスにお役立てくださいね!

 

 

参考記事1:リサーチ(調査)がビジネスの勝敗を分ける!

参考記事2:あなたにお金を支払ってくれる見込み客を探せ!

参考記事3:価格設定はビジネスそのものだ!

参考記事4:ビックリするほど見込み客が集まる集客のルール

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*