ビジネスを強くする「単価アップ」を簡単におこなう方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

From:江黒 亮介

 

 

多くの会社が売上の低迷で苦しんでいます。

 

もし、

新規集客・単価アップ・リピートの

施策があるとしたらあなたはどの施策から

はじめますか?

 

マーケティングを学んでいる人は、

「リピート」からと答える人が多いです。

 

もちろん、リピートは利益の厳選ですから、

その対策は大切です。

 

ですが、

 

本来何から取り組むべきかというと、

私は単価アップこそ

はじめに取り組むべきものと思っています。

なぜ単価アップなのか?

 

なぜなら単価をあげると、

少ない客数で同じ売上が上がります。

 

そして、対応するお客さんの数も減るので、

より手厚いサービスが可能になります。

 

そして、

お客への対応コストが減るので、

そのぶんの経費が削減できて、

結果として利益が増加します。

 

このように

単価アップは良いことづくめです。

 

単価アップの恐怖はまやかし

 

とはいえ、

 

単価アップは怖いものです。

 

「お客が離れたらどうしよう」

「クレームが来たらどうしよう」

「単価に見合う仕事をする自信がない」

 

こんな不安を持つことでしょう。

 

でも、

ほとんどの場合、

この恐怖はまやかしです。

 

お客は正直、

安いものしか買わない人が

購入しなくなるので、

一時期少し下がります。

 

でも、

それを知っていて備えてもらうので、

大きなダメージになることはありません。

 

そして、

単価をあげることで、

クレームは激減します。

 

高いお金を払ってくれるお客の方が、

要求も少なく、クレームも少ないのです。

 

例えば、激安スーパーなら

クレームを言っているおばさんがいそうな気がしますよね?

 

では高級デパートで同じようなクレームを

目にすることがあるでしょうか?

 

ゼロとは言いませんが、

確実に客層が違うことは理解していただけると思います。

 

それだけ単価をあげることは大切です。

 

そして単価に見合う仕事が

できるかどうかという不安について。

 

それはお客さんが判断します。

 

その商品やサービスに対して

真剣に取り組んでいるあなたなら、

おそらくこの壁はないはずです。

 

ですから、これらの不安は

まやかしなのです。

 

経験上、単価アップして

お客さんから文句を言われることは

ほぼありません。

 

単価アップの敵は社内にあり??

 

単価アップの反動は、お客ではなく、

意外と社内から出ることが多いです。

 

しかもかなり巧妙な手を

使われることが多いです。

 

みんな高いと言っています、とか。

 

よくよく調査をしてみると、

一人のお客がぽろっと言った

話を大きくしていたりします。

 

その話を真に受けて、

単価アップをやめてしまった。

そんな社長の話もしばしば耳にします。

 

安ければ良いサービス。

そんな病にかかった日本社会は重病です。

 

単価をあげることが怖いのに、

たくさん働くのは嫌で、

給料の安さに不満がある。

 

矛盾だらけですよね??

 

高額こそが利益を生み、会社を成長させる

 

ビジネスの基本は、

高額こそが利益を産むということです。

 

そしてそれが会社を成長させます。

 

私には一つの信念があります。

良いものは正当な単価(対価)を得るべき、

というもの。

 

良いものが安すぎる国。それが日本です。

だから伝統産業も、社長の想いを込めた商品も

商売にならずに、どんどん消えていくのです。

 

単価アップは手順を踏めば簡単

 

そんな風潮の日本では

単価アップはできないのでしょうか?

 

そんなことはありません。

 

しっかり単価アップは手順を踏めば

単価アップは必ず達成できます。

 

よくいうのが、1,000円のものを売るのも

10,000円のものを売るのも労力は同じということ。

 

であれば、

単価1,000円のものを100個売るより、

10,000円のものを10個売るほうが簡単です。

 

単価アップの施策

 

単価アップの施策をお伝えして

今日の記事を終えましょう。

 

まずは、

あなたの今の商品の上位版を作ってください。

 

そうすることで、

今の価格のものと、

その上の価格帯のものができました。

 

この施策だけでも平均勾配単価が上がります。

 

簡単ですよね??

 

さらにこれを発展させると、

松竹梅というメニュー構成に発展していきます。

 

通常メニューを竹にして、

簡易版を梅にします。

高い単価のものを松にする。

 

そうすれば、

今まで買わなかったお客さんの

一定数は梅を買います。

 

竹は変わらず購入されます。

 

そして、松も不思議と一定数の方が

買っていきます。

 

簡単ですが、

強力な手段となるのが、

松竹梅戦略です。

 

もちろん、単価アップは奥が深いので

まだまだ施策はたくさんあります。

 

ですが、一番はじめに取り組むべき施策が

この松竹梅戦略。

 

もしあなたが取り入れていないのなら、

すぐにでもはじめてください。

 

きっと上手くいきますよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

集客に困らないビジネスモデル構築法:無料メルマガ講座

年収2000万超え、1日の働く時間を3時間以内で経営する社長になりたいあなたへ

 

利益がでる集客ビジネス構築メルマガ


 

【無料会員登録で得られるもの】

✅利益がでる集客ビジネスモデル構築メルマガ:無料メール講座

✅会員だけが見られる限定メルマガ

✅動画セミナープレゼント!

【集客に困らないビジネスモデル構築法基礎セミナー】

  「びっくりするほど見込み客が集まる集客のルール」

 

ご登録は簡単です。

下記のボタンをクリックしてメールアドレスをご登録ください。

(会員登録もやめたい時も、メールに書いてある解除リンクをクリックするだけで簡単にやめることができます。)

 


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*